パスポートの入国印を見ると海外旅行の思い出を思い出します。更新を機に、改めて入国印が増えることを目指します。

海外旅行に、行ってみよう
海外旅行に、行ってみよう

入国印の数だけある海外旅行の思い出

パスポートを取得してから10年がたち、更新の時期を迎えました。ちょっと残念です。というのも、今のパスポートにはこれまで10年間の思い出がたくさん詰まっているからです。海外を訪れると入国の際に入国印をうってもらいます。先日パスポートに押されたそんな入国印の数を数えてみましたが、実に25個にのぼりました。自分ながらにかなりの国を訪れたものだとしみじみしました。その印鑑の数だけ思い出があります。

初めて海外旅行に訪れたのは大学生の頃です。イギリスへの一人旅でした。学生の頃は毎年のように海外へ行っていました。アルバイトをしていましたが、アルバイト代はすべて海外旅行に消えたと言っても過言ではありません。そのくらい海外旅行の魅力にはまっていました。社会人になってからも、折を見ては海外旅行に行きました。一度に数カ国を回ることもありましたので、実際の旅行数よりも入国印の数が多いのはそのためです。パスポートも更新時に今までの入国印を反映してくれればいいのですが、またまっさらなところからのスタートです。なにも思い出が消えるわけではないですが、一種のコレクション的な要素があるのでしょうか。改めて、また集めてみようと思います。

Copyright (C)2019海外旅行に、行ってみよう.All rights reserved.