海外旅行の良い思い出となる現地の人との交流の機会を増やすために現地の言葉を少し勉強することにしています。

海外旅行に、行ってみよう
海外旅行に、行ってみよう

現地の言葉を学ぶことで海外旅行の良い思い出を増やせます

海外旅行の思い出を振り返った時に、出てくることの中に現地の人との交流が多く含まれていると感じることがあります。例えば、ショッピングのときの店員さんとのやり取りや、レストランなどでのやり取りなどです。どうしてこういったことが記憶に残るのかというと、人との交流というものには、それだけの力があるということだと思います。特に、文化が違う外国の人との交流は良い思い出になることが多いと思います。

ですから、海外旅行に行く時は、その旅行が決まった時から出発の日までの間にしておくことがあります。それは何かというと、現地の言葉の勉強です。もちろん、長くても数か月くらいしか勉強期間がないので、流暢に話せるようにはなりません。しかし、それでもやっておく価値は十分あると感じています。お土産を買いに行った時に、これを1つ下さいというだけでも現地の言葉で言うととても喜ばれますので、気持ちの良い笑顔を見る事ができます。そこから先は、言葉での交流をするということは難しくなりますが、身振りや手振りだけでも良い思い出になるくらいの交流はできます。ですから、僅か数か月の間だけでも現地の言葉を勉強してから行くと現地の人との交流の機会が増え、それだけ良い思い出も増えるという事なのです。

Copyright (C)2019海外旅行に、行ってみよう.All rights reserved.