海外旅行では、言葉が通じないということは不安を感じる要素にもなりますが、楽しさを感じる要素にもなります。

海外旅行に、行ってみよう
海外旅行に、行ってみよう

言葉が通じないことは海外旅行の楽しさと考えることもできます

周囲の人と海外旅行の話をしていると、人によってその楽しみ方がいろいろあるということに驚かされます。中には意見が完全に分かれることもあります。例えば、言葉が通じないということを不安だと感じる人がいる一方で、それが楽しいと考えている人もいるというようなことです。確かに、不安だと感じる要素にもなりますが、それゆえに感じる楽しさというものもあります。

例えば、レストランに行った時に、言葉が通じないと食べたい料理を注文できないということが起こります。当然これは不安要素になると思います。海外旅行に行った時には、現地の料理を食べるということも大きな楽しみの一つであることが多いですから、食べたいものが食べられないかもしれないということは大きな不安になるのは当然かもしれません。しかし、考え方を変えれば、何が出てくるかわからないという楽しさがあります。国内にいて注文と違うものが出てくるということとは大きく違い、何が出てきたとしても美味しい現地の料理である可能性はあります。ですから、好奇心を膨らまして待つことができます。このように、言葉が通じないということの中には、不安と感じる要素も含まれていますが、期待感を増幅させるという要素も含まれているということです。

Copyright (C)2019海外旅行に、行ってみよう.All rights reserved.